更年期ガイド TOP → 更年期障害の基礎知識 更年期障害の原因

更年期障害の原因

更年期障害の主な原因としては、更年期におけるホルモンバランスの乱れ、それによる自律神経の失調があります。この更年期におけるホルモンバランスの乱れ、自律神経の失調が、心と体に不調・不快といった諸症状をもたらします。

更年期とは閉経をはさむ前後10年間くらいを指し、個人によっても差は出てきますが、具体的な年齢としては45歳から55歳ぐらいまでの期間だと言われています。この更年期間近になると女性の体内では、卵巣の機能が低下していき、卵巣から分泌されている女性ホルモンの1つ、エストロゲンという卵胞ホルモンの量が減少していきます。

エストロゲンには、排卵の促進、乳房や子宮を発達させるなど女性特有の部位に対する作用もありますが、他にも血中コレステロールの低下や骨密度の安定維持、自律神経の安定維持などにも作用します。

一方、エストロゲンなどの女性ホルモンを分泌し促進させる卵胞刺激ホルモンの量は、変わらずに脳下垂体から分泌され続けますので、卵胞ホルモンと卵胞刺激ホルモンのバランスが崩れ、乱れてしまいます。

このホルモンバランスの乱れは、自律神経と関わる脳の箇所と関係があるために、自立神経の働きを崩してしまい、心と体に不調・不快といった悪影響を与えると言われています。

また、その人の性格や体質、他者や社会とのつきあいによるストレス、環境の変化などいろいろな要因が症状を悪化させたりする場合があると言われています。

更年期障害の基礎知識


ナースサンダル 通販
ナースサンダルの通販なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!