更年期ガイド TOP → 更年期障害の基礎知識 更年期障害の症状

更年期障害の症状

更年期障害には、実に多くの症状が見受けられます。

身体にあらわれる症状としては、ホットフラッシュ、のぼせ、異常な発汗、手足の冷え、動悸、息切れ、めまい、耳鳴り、頭痛、肩こり、関節痛、腰痛、腹痛、便秘、下痢、頻尿、残尿感、性交痛、生理(月経)不順などがあります。ホットフラッシュとは、急に暑さを感じ、上半身がのぼせたり、ほてったりして、発汗する症状のことを言います。

精神にあらわれる症状としては、疲労倦怠感、無気力、不眠、不安感、恐怖感、イライラ、物忘れ、判断力や集中力の低下、憂鬱感や鬱などがあります。

これらの症状の度合いは様々で、各個人により差異があります。生活に支障が出るほどの症状があらわれる人もいれば、自覚症状が全くあらわれない人もいます。一般的には、日常的にホルモンのバランスが悪い人や生理(月経)不順の人、自律神経失調ぎみの人ほど更年期の症状があらわれやすいようです。また特定の症状が続くとは限らず、次々に違った症状としてあらわれることも特徴としてあります。

症状の初期段階では、はっきりとは目に見える異常として身体にあらわれないので、他者からは病的変化が認知されにくく、自覚症状が主となります。また他者からは病的変化が認知されにくいということから、症状を抱えている人が他者から怠けていると誤解されてしまうことがあります。それが重圧となり、よりいっそう自己を追い込んでしまって、症状が悪化してしまうという場合もありますので注意が必要です。

ですから、もし更年期に差し掛かり、気になる症状がある場合は、医療機関にて診察を受けることをお薦めします。

更年期障害の基礎知識


不用品回収 千葉 成田 茨城
http://www.eco-harmony.co.jp/

リルテック
リルテックなら医療関係者向けの製品情報サイトで!