更年期ガイド TOP → 更年期障害の基礎知識 更年期障害の治療

更年期障害の治療

更年期障害の治療には、主に薬物療法と心理療法の2つがあります。

1つ目の薬物療法にはだいたい、ホルモンを補充する療法、漢方薬を服用する療法、自律神経調整薬などを服用する療法と3つあります。

ホルモンを補充する療法は、更年期にさしかかり減少してきたホルモンを補充し、症状を緩和するというものです。補充方法には、ホルモンが含有している錠剤を服用する方法とホルモンの成分が含有しているパッチ剤をヘソの横や腰に貼る方法があります。

漢方薬を服用する療法は、さまざまな種類がある漢方薬から、個人の体質や症状に合ったものを服用するという方法です。効能があらわれるまでに多少時間はかかりますが、副作用がなく、症状の緩和だけではなく、体の調子も整えてくれるという効果があります。

自律神経調整薬の投与療法は、乱れた自律神経を、自律神経調整薬などを服用することで整えるというものです。効果は弱いですが、副作用は少ないので症状が軽度の人に向いています。また鬱などの症状には、精神安定剤や抗鬱剤などが処方される場合があります。

そして、2つ目の療法である心理療法では、カウンセリングを行います。この療法では、鬱や不眠、憂鬱感などといった症状の精神的要因を探り、精神的な方面を治療していきます。悩みなどによるストレスを軽減させたり、生活習慣の改善アドバイスなどをもらったりすることができます。

これらの療法などから症状に適切なもの選択したり、組み合わせたりして治療にあたります。 他には、食事療法や生活習慣の改善、運動などでも症状を緩和できる場合がありますので、更年期障害の疑いのある人は、まずは医療機関にて診察を受けてみて下さい。

更年期障害の基礎知識


ポスターを印刷する
大判とかデジカメプリントならディプリーズ楽天市場店で!

札幌 調律
http://www.piano-inoue.com/