更年期ガイド TOP → 男性の更年期障害 男性の更年期障害の原因

男性の更年期障害の原因

男性における更年期障害の原因は、男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が減少し、体内のホルモンバランスが乱れるからだと言われています。

男性の体内では、年齢が上がると共に精巣機能が低下していき、精巣などから分泌されているテストステロンも減少していきます。人によって差異はありますが、一般的には20歳代をピークに緩やかに減少していき、40歳以降になるとテストステロンの分泌量が一気に減少すると言われています。この頃からホルモンバランスが崩れやすくなります。

それにより、特に40歳代ぐらいから、女性の更年期障害に似たような心体的不快・不調といった症状が男性の心体にもあらわれるようになると言われています。

また身体的原因の他に、ストレスというものも男性における更年期障害の原因になりえると言われています。

歳をとると共に、仕事に対する責任、お金に対する心配、人間関係に対する葛藤など、諸々のストレスが増えていきます。これらのようなストレスが増加する一方、加齢により体力は衰えるので、体内のホルモンバランスが乱れやすくなります。その結果、男性更年期障害を発症しやすくなると言われています。特に真面目・几帳面な人や競争意識の強い人、責任感、上昇志向の強い人などは、ストレスを抱えやすい人のため、発症しやすいようです。

もちろん個人の性格や体質、環境の変化など各個人によっても発症の原因が異なりますので、もし何かしら思いあたることがありましたら、是非、医療機関で診察してもらうことをお勧めします。

男性の更年期障害


遺品整理を大垣で探しましょう
遺品整理を大垣でならまごころ便利屋スマイルで!

リキスミア
リキスミアなら医療関係者向けの製品情報サイトで!