更年期ガイド TOP → 漢方治療 漢方治療

漢方治療

更年期障害の治療方法には、主に薬物療法と心理療法の2つがあります。その中の薬物療法にはだいたい、ホルモンを補充する療法、漢方薬を服用する療法、自律神経調整薬などを服用する療法があります。

その中でも漢方薬には長い歴史があり、効果や配合などが研究されており、様々な効果を持つ生薬を合わせることによって、個人個人の体質・症状に合った治療を施すことが可能とも言われています。効果があらわれるまでに多少時間はかかりますが、副作用が無く、症状の緩和・治療の他にも体の調子を整えてくれる効果があります。

更年期障害に処方される主な漢方薬には、当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)や加味逍遙散(カミショウヨウサン)、桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)などがあります。

当帰芍薬散は、胃腸が弱かったり、体力がなく、病気に対してあまり抵抗力がない体質の人に処方されます。めまい、頭痛、耳鳴り、肩こり、冷え、腰痛などの症状に効果があります。

加味逍遙散は、体質的に特に変わったところがない人に処方されます。頭痛、めまい、肩こり、腹痛、冷えやのぼせ、不眠、イライラなどの症状に効果があります。

桂枝茯苓丸は、胃腸が強く、体力があり、病気に対する抵抗力などもある体質の人に処方されます。肩こり、手足の冷えやのぼせ、便秘、腰痛、月経痛、イライラなどの症状に効果があります。

他にも、いろいろな体質や症状に効果があるさまざまな漢方薬がありますので、もし、更年期障害でお困りの人がいましたら、お近くの医療機関に相談の上、処方してもらうことをお勧めします。

漢方治療


ムノバール
ムノバールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!