更年期ガイド TOP → 漢方治療 ホルモン補充治療

ホルモン補充治療

更年期障害の治療には、主に心理療法や薬物療法が用いられています。薬物療法には、漢方薬の服用や自律神経調整剤などの薬を服用する方法、またホルモンを補充する治療などがあります。

このホルモン補充治療は、主にホルモンを含有した錠剤を服用する方法とホルモンを含んだ貼り薬(パッチ剤)をへその横や腰に貼る方法があります。

効果としては、更年期障害時のほてり、発汗や動悸・息切れなどの症状にかなりの改善効果があらわれ、イライラや不眠、憂鬱感などの精神的症状の緩和にも大きく作用します。また骨粗鬆症の予防や血中コレステロールの低下にも作用し、肌のしわやたるみが減り、肌がみずみずしくなるといった可能性があると言われています。

副作用としては、乳房のハリ・痛み、頭痛、嘔吐、不正出血、むくみ、頭痛、多少の体重増加などがあります。また長い間、ホルモン補充治療を行っていると乳がんや子宮がんを発症する危険性が高くなりますので、注意が必要です。これによりホルモン補充治療を行う人は、定期的に乳がんや子宮がんなどのがん検査を行うことが必要となります。

子宮がんや乳がんの人はもちろん、高血圧、糖尿病、心臓・肝臓・腎臓の障害、子宮筋腫などの病気を患っている人など、この治療方法を受けることができない場合の人がいますので、もしホルモンを補充する治療を受けたいと思っている人がいましたら、お近くの医療機関にてご相談することをお勧めします。

漢方治療