更年期ガイド TOP → 漢方治療 マッサージ

マッサージ

更年期障害の治療には、主な方法に薬物療法と心理療法の2つがありますが、他にはストレッチやマッサージなどをすることで症状を緩和する方法もあります。

更年期障害は、更年期にさしかかり、卵巣機能が低下します。このせいで、女性ホルモンの分泌量が低下し、自律神経が崩れ、頭痛、肩こり、のぼせ、不眠、イライラなどの不快・不調的な症状が心身にあらわれます。更年期とは、女性の場合、閉経をはさむ10年間ぐらいの時期を指し、具体的には、45〜55歳の間と言われています。

マッサージには、素手やお灸、はりなどでツボを刺激することで、更年期障害の症状を緩和する、足ツボや鍼灸という方法があります。ツボを刺激することにより、精神と身体のバランスを整えることができると言われています。

刺激するツボには、足の内くるぶし最長部から指4本分の箇所に存在する三陰交、膝の皿 の内側最長部から指4本分の箇所に存在する血海、頭の頂点部、左右中央線上に存在する百会などがあります。これらのツボを刺激し、マッサージすることで頭痛やのぼせ、不眠、イライラ、肩こりといった更年期障害の症状を緩和することができます。

しかし、更年期障害には、銃軽度足ツボや鍼灸などのマッサージだけでは、さまざまな症状の対処が追いつかない場合がありますので、もし更年期にさしかかり、何かしらの症状を自覚しているようでしたら、なるべくすぐに最寄りの医療機関にて相談されることをお勧めします。

漢方治療


北欧家具http://www.lewis-meguro.com/
立川や八王子でのペット火葬犬猫などペットの葬儀を東京でお探しなら
こちらのエンジェルロードさんへ