更年期ガイド TOP → 女性の更年期障害 女性の更年期障害の原因

女性の更年期障害

女性における更年期障害の主な原因は、卵巣からの女性ホルモンの分泌量が減少し、体内のホルモンバランスが乱れるからだと言われています。

更年期とは、閉経をはさむ前後10年くらいを指し、人によって異なりますが、だいたい45歳から55歳くらいの間だと言われています。

この更年期という時期にさしかかると、女性の体内では卵巣の働きが低下していき、卵巣から分泌されているエストロゲンという卵胞ホルモンの量が減少していきます。しかしその一方では、エストロゲンの分泌を促している卵胞刺激ホルモンというホルモンが、普段どおりに脳下垂体から分泌され続けますので、体内のエストロゲンと卵胞刺激ホルモンの量が不均衡になり、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

このように、ホルモンバランスが乱れると、自律神経に関わる脳の箇所に影響を与えるため、自律神経の働きも乱れてしまい、精神と身体に不快・不調といったような更年期障害の症状があらわれるようになると言われています。

また他に、他者との関係や社会不安などによるストレス、環境の変化などによるストレスなどのストレス類も、ホルモンバランスの乱れの原因になる可能性がありますので、注意が必要です。

身体的要因や精神的要因など、人によって発症の原因が異なりますので、もし更年期にさしかかり、何かしらの異常があるようでしたら、是非、最寄りの医療機関にて診察してもらうことをお勧めします。

女性の更年期障害


ワンタキソテール
ワンタキソテールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

スクラブ 白衣
スクラブの白衣なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!