更年期ガイド TOP → 女性の更年期障害 女性の更年期障害の特徴

女性の更年期障害の特徴

更年期にさしかかると女性の体内では、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が減少し、ホルモンのバランスが崩れていきます。これにより、自律神経も乱され、身体と精神に不快・不調といった更年期障害の症状があらわれます。女性の更年期は、閉経をはさんだ前後10年間ぐらいを指し、個人によっても差は出てきますが、具体的な年齢としては45歳から55歳ぐらいまでの時期だと言われています。

症状として、男性の更年期障害にも見受けられますが、冷えやめまい、のぼせ・ほてり、発汗、動悸・息切れ、倦怠感、集中力・注意力の低下など、さまざまなものがあります。

そして女性特有の症状としては、更年期の初期症状として月経(生理)不順があらわれます。 更年期の閉経前に、月経周期が短縮と遅延を繰り返し、月経回数が減少し、最終的に閉経に至ります。中には、月経不順が起こらずに、突如生理が止まる人もいるようですが、だいたいの人は月経不順を体験します。

この月経不順に伴い、頭痛や腹痛などの症状も同時に発生することが多いのも特徴のようです。また精神的には、怒りっぽくなったり、急に号泣してしまうことなどの強い感情の発露・情緒不安定さが見受けられるようです。

症状の重軽度や出かたなど、各個人によって大きく異なってきますので、更年期にさしかかり、月経不順が続き、心身に何かしらの不調や不快といったものがあらわれましたら、是非、近くの医療機関にて診察してもらうことをお勧めします。

女性の更年期障害


eおくすり
eおくすりなら医療関係者向けの製品情報サイトで!