更年期ガイド TOP → 女性の更年期障害 女性の更年期障害の注意点

女性の更年期障害の注意点

多くの女性にとって、更年期障害は大きな悩みとなっているかもしれません。 更年期障害は婦人病とも言われるように、女性における更年期障害の発症する確率は男性のそれよりも、遥かに高いものとなっています。

女性の場合、更年期障害は、閉経をはさむ約10年間の時期を言う、更年期と呼ばれる時期に発症しやすくなります。これは、加齢と共に卵巣機能が低下し、体内のエストロゲンという女性ホルモンも減少し、ホルモンバランスが崩れ、自律神経に悪影響を与えるからだと言われています。

症状には、冷えやめまい、のぼせ・ほてり、発汗、動悸・息切れ、疲労感、倦怠感、集中力・注意力の低下、判断力の低下など心身両方に悪影響を与えるさまざまな症状があります。

女性の更年期障害において、特に注意が必要なことは、ストレスになります。更年期障害の症状は、他人からは理解されにくので、怠けているなどの誤解を受けやすくなります。それがストレスとなり、症状が悪化してしまうなどのことが起こるようです。ゆえに、几帳面・生真面目な人ほど、責任や自己嫌悪などを感じやすく、自己解決を試みたり、我慢などをするため、ストレスを抱え込んでしまい、症状が重度になりやすいとも言われています。

そのような人は、ストレスを発散できるような生活習慣・環境をつくっていくことも重用だと思われます。また症状の程度、発症時期などは、各個人により異なりますので、もし更年期にさしかかり、何かしらの症状を自覚しているようでしたら、最寄りの医療機関にて診察を受けるなどの対策をすることも大切です。

女性の更年期障害


e-おくすり
e-おくすりなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

http://richidad-office.com/richdadofficetoha.html
http://richidad-office.com/richdadofficetoha.html