更年期ガイド TOP → 更年期の生理 更年期の生理

更年期の生理

更年期とは、閉経をはさむ前後10年間ぐらいを指し、各個人によって差異はありますが、具体的な年齢では、だいたい45歳から55歳ぐらいまでの時期と言われています。

この更年期にさしかかると女性の体内では、卵巣機能が低下し、卵巣などから分泌されている女性ホルモンの1つである卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減少します。一方、卵胞ホルモンを分泌促進させている卵胞刺激ホルモンの量は、普段と変わらずに脳下垂体から分泌され続けていますので、卵胞ホルモンと卵胞刺激ホルモンのバランスが崩れ、体内のホルモンバランスが乱れていきます。

この更年期におけるホルモンバランスの乱れは、自律神経を崩れさせ、身体・精神に不快・不調といった症状をもたらす原因にもなりますが、女性の生理(月経)不順の原因にもなると言われています。

生理が数ヶ月以上こなくなったり、次の生理までの期間が普段と比べ急激に短くなったりします。また生理期間も短期間に終了してしまったり、またはだらだらと続いてしまうということなども起こります。

このように、女性の更年期における生理には、各個人によって差異がありますが、生理周期や生理期間または、生理の量などにも異常が見受けられるようになります。

もし、更年期にさしかかり、生理(月経)に関して、または精神的・身体的に関して、何かしらの心配や気にかかることがありましたら、是非最寄りの医療機関にて相談することをお勧めします。

更年期の生理


医院 開業
医院の開業なら信頼と実績の当社へ