更年期ガイド TOP → 更年期の生理 更年期の女性ホルモン

更年期の女性ホルモン

女性ホルモンは、女性特有の体つきにするよう身体に影響を与えます。また妊娠や出産、生理(月経)周期などにも大きく影響を与えます。女性ホルモンには、身体を女性特有の体つきにする卵胞ホルモン(エストロゲン)と妊娠を保たせる作用がある黄体ホルモン(プロゲステン)の2種類のホルモンがあると言われています。

卵胞ホルモン(エストロゲン)は、乳房や子宮を発達させるなどの役目があります。また受精卵が着床可能にするために子宮内膜を厚くしたり、排卵促進のため卵管の活動を促進させたり、出産時の子宮筋肉の収縮などといった、生理(月経)や妊娠といった事柄にも大きく影響を与えます。他には、血中コレステロールの低下や骨密度の安定維持、自律神経の安定維持などの作用もあるようです。

黄体ホルモン(プロゲステン)は、受精・着床を可能にするための環境を作り、受精卵の着床後には、妊娠が継続維持できるような状態に子宮内膜を整えたりします。また子宮筋肉の収縮を抑制し、流産を防ぐ役割や体温を上昇させる働きもあります。妊娠をしなかった場合には、子宮内膜を剥がし、生理(月経)を発生させる役目もあります。

閉経をはさむ前後10年間ぐらいを更年期と言いますが、この更年期にさしかかると生理不順などが起こる可能性が高くなります。この原因は、女性ホルモンの中でも特に卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減少し、体内のホルモンバランスが崩れるためと言われています。

今では、このエストロゲンなどの女性ホルモンを補充する治療などもありますので、もし更年期にさしかかり、生理などでお困りでしたら、是非、お近くの医療機関にて相談してみて下さい。

更年期の生理


新幹線回数券 買取
http://www.akb-shinrai.jp/

アマリール 副作用
アマリールの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

筆耕 表彰状
筆耕の表彰状なら代書・代筆・筆耕の書道サービスで!