更年期ガイド TOP → 更年期の生理 生理の量

生理の量

閉経をはさむ前後10年間ぐらいを更年期と言い、個人によって差異はありますが、具体的な年齢では45歳から55歳ぐらいの間だと考えられています。この更年期にさしかかると、女性の体内のホルモンバランスが崩れ、急な上半身のほてり、のぼせ、発汗や倦怠感、イライラなどの更年期障害の症状があらわれます。この中には、生理(月経)不順など女性ならではの症状もあります。

更年期における生理不順は、生理周期が普段と異なり、縮じんだり、伸びたりし、生理期間についてもすぐ終了したり、だらだらと続くことがあります。また生理の量にも異変があらわれる場合があり、いつもよりも生理の量が多い月があったり、またその逆で少ない月があったりとさまざまです。

この生理の量の異変は、更年期における体内のホルモンバランスの乱れが主な原因だと考えられています。更年期にさしかかると、卵巣機能が低下し、そこから分泌されていた女性ホルモンである卵胞ホルモンの量も減少します。他方では、卵胞ホルモンを分泌促進している卵胞刺激ホルモンが分泌され続けますので、体内のホルモンバランスが崩れてしまいます。この乱れが、生理不順または生理の量に異変を与えると言われています。

もし更年期にさしかかり、生理の量の変化があまりにも大きい場合には、何か他の婦人科系の病気に患っている可能性もありますので、些細なことでも気になることや心配していることなどがあるならば、最寄りの医療機関にて診断を受けることをお勧めします 。

更年期の生理