更年期ガイド TOP → 更年期の生理 大豆食品

大豆食品

更年期に入ると、体内のホルモンバランスが崩れるため、心身に急なほてり・のぼせ・発汗や倦怠感、不安感などの不快・不調的症状があらわれます。女性には、生理周期・期間・量などに異変があらわれる生理(月経)不順なども起きやすくなります。

更年期における生理不順の原因には、主に体内の女性ホルモンバランスの乱れがあります。女性の体内では、更年期に入ると、卵巣機能が低下していきます。それに応じて卵巣から分泌されている女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量も低下していきます。しかし、エストロゲンを分泌促進している卵胞刺激ホルモンは、脳下垂体から分泌され続けますので、体内において女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。

症状の治療には、主にホルモン補充治療や漢方薬、自律神経調整剤の服用などがありますが、他には、食事による症状の緩和などもあります。女性ホルモンであるエストロゲンの減少が主な原因なので、エストロゲンまたは、それに代わるものを摂取することができれば症状の改善・緩和ができる可能性があります。

症状の改善・緩和には、大豆などから摂取することができるイソフラボンが良いと言われています。イソフラボンは、別名、植物性エストロゲンと言います。エストロゲンと似ている分子構造で、体内でも同じ働きをするので女性ホルモンバランスの改善に効果があります。イソフラボンは、納豆、豆腐、豆乳などの大豆食品に多く含まれています。

しかし効果があるとはいえ、そればかりを摂取するのではなく、なるべく大豆食品を中心にし、他の栄養素も摂取できるようなバランスの良い食事を心がけましょう。

更年期の生理


レーシック
レーシックなら確実性と安全性を追求する吉野眼科で!